会則

大阪の食支援・地域医療連携を考える会会則


(名称)

第1条 本会は、大阪の食支援・地域医療連携を考える会(以下「本会」という。)と称する。

(目的)

第2条 本会は、近畿圏内における食支援・地域医療連携について理解促進することを目的とする。また、こうした支援に参加できる医療者の育成にも取り組むこととする。

(事業)

第3条 本会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。

(1)年 3 回以上のセミナーを開催し、食支援・地域医療連携に係る啓発活動を行う。

(2)食支援・地域医療連携に係る調査及び研究を行う。

(3)正しい医療情報を発信するためのヘルスリテラシーを習得する。

(4)その他、本会の目的を達成するために必要な事業を行う。


(事業年度)

第4条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月 31 日に終わる。

(会員)

会員の入会条件及び権利、会費等については別紙に定める。

(入会)

第6条 本会への加入を希望する者は、様式1による入会申込書を提出し、会長の承認を受けるものとする。

2 本会の会員は、入会申込提出内容に変更のあるときは様式2による変更届出書を提出し、会長の承認を受けるものとする。

(退会)

第7条 退会を希望する者は、様式3による退会届出書を提出し、会長の承認を受けるものとする。

2 請求後3ヶ月以上会費未納の場合は、退会したものとみなす。

(除名)

第8条 会員が次に該当する場合には、総会の議決を経て、会長が除名することができる。

(1)本会の会則に違反したとき

(2)本会の名誉を傷つけ、又は目的に反する行為をしたとき

(役員等)

第9条 本会に次の役員を置く。

(1)会長 1名

(2)副会長 2名以内

(3)事務局長 1名

(4)会計 1名

(5)その他、必要に応じた役員の設置を行う。

2 役員は、総会において会員の中から選任する。

3 会長は、本会を代表し、会務を総理する。

4 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるとき又は欠けたときは、会長が予め指定する副会長が、その職務を代行する。

5 事務局長は、総会の決定事項にしたがった、年次事業計画・予算を適切に執行する。そのための日常業務の監督調整、外部関係者との協力・連携確保を行う。

6 会計は、適切な財務管理、理事への報告を行う。

7 役員の任期は2年とし、再任は妨げない。

(総会)

第10条 総会は、会員をもって構成する。

2 総会は、次の事項を審議し、決議又は承認する。

(1)事業計画及び収支予算

(2)事業報告及び収支決算

(3)役員の選任

(4)会則の改正

(5)その他本会に関する重要な事項

3 通常総会は、年1回開催する。また必要に応じ臨時総会を開催できる。

4 総会は会長が招集し、総会の議長は会長がこれにあたる。

5 総会は会員の2分の1をもって開会し、総会の議決は、出席した会員の過半数の同意をもって決する。賛否同数のときは、議長の決するところによる。

6 総会に出席できない会員は、表決を委任することができる。この場合において、本条第5項 の規定の適用については、出席したものとみなす。

(事務局)

第11条 本会の事務局はグランフロント梅田ナレッジサロン内に置く。

(その他)

第12条 この会則に定めるもののほか、本会の運営に必要な事項は、会長が別に定める。

付則

1 この会則は、平成 29年6月 12日より施行する。

2 事業初年度は、第4条の規定にかかわらず、この会則が施行された日から翌年の3月 31 日までとする。 

別紙

(会員規定)

会員の入会条件、入会金及び年会費、権利を以下に定める。

入会条件

本会の目的に賛同する個人とする。

既に院長あるいは分院長となっている歯科医師の入会は認めない。ただし、歯科医師以外の職種についてはその限りではない。また、入会後に院長、分院長になった場合はそれにより退会を義務付けられる事は無い。

医療従事者としての品格を損ねるような言動、身なりが認められる場合の入会は認めない。

入会金は無し、年会費は2000円とする。

本会が主催する会員向けセミナーには全て参加することができる。

ただし、会員向けに最低年一回はセミナーを開くことを義務とする。